インスタントブレインのレビューを書く

インスタントブレイン レビュー

インスタントブレイン
発売元 ケイブオフィシャルサイト
発売日 2011/11/10
価格 7,140(税込) [XBLA/XNAの場合はMSP]
レーティング 15才以上対象(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 ヘルプ    
タイトル概要 シューティングメーカーCaveがおくる、初の本格派、そしてKinect対応アドベンチャーゲーム
主人公『原滝ゼンヤ』は、東京の下町の雑居ビルに住む万年金欠病のしがない芸能カメラマン。ひょんなきっかけで依頼された『トップアイドルの黒いウワサ』を調べていくうち、彼は自分の失った記憶と、芸能界の闇に葬られた過去の事件に纏わる巨大な陰謀に巻き込まれていく…
スクリーンショット
(クリックで拡大)

Warning: file_get_contents(http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=0SPZQEVSN7AMBP6M3J82&AssociateTag=xboxmk20d-22&ItemId=B005LM0NU4&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Images&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2017-09-20T00%3A11%3A49Z&Signature=MB7BAbXVW11i4FWzZgeEOIGHKLW4ObDpm6lcnmZCwKg%3D) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/gamers-review/www/share/snapimgs.inc.php on line 67

Warning: Cannot fetch XML data in /home/gamers-review/www/share/snapimgs.inc.php on line 70

スコアボード

インスタントブレイン評価ランク
総合ポイント
62
レビュー数
8

スコアチャート インスタントブレインレビューチャート


0%
0-9
0%
10-19
12.5%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
37.5%
50-59
25%
60-69
25%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
50%
【標準偏差】
14.1

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム ストーリー
3pt 3pt 2pt 3pt 3pt 3pt 4pt
総合点
58pt

GOOD!

・キャラクター
キャラゲーであることは一目瞭然ですね
パッケージを見ると「なにこの服装」と初見は引きますが、1章クリアすると気にもならなくなる、むしろコレが良いと思う。

・主役キャラ
パッケージにいる6人が主役キャラですが、全員キャラ立ちしていて明確な役割があります。
主役キャラなのにいるのかいないのかわからんキャラもいるゲームもあるのに、これは良い。

・サブキャラ
その章でしか登場しないキャラも全員キャラ立ちしてます
パッと出ておわりなキャラがほとんどいないので印象に残ります。

・巨乳
登場する女性キャラほぼ全員が巨乳
個人的にはCERO:Dくらいにして、もっとエッチな絵が欲しかったかもなあと、これは個人的な男の子意見。

・声優
メインキャラは全員有名声優。演技もしっかりしてます。キャラ立ちしている。

・推理難易度
とても簡単。逆転裁判より簡単です。まず詰まる人はいないでしょう。
これが悪いと感じる人もいるかもしれませんが、サクサク遊べてちょっと頭ヒネる感じが私には合っていました。決定的な証拠を突きつけた時のエフェクトと相俟ってテンション上がります。

・BGM
基本的には耳には残りません

いわゆる事件解決モードで推理で犯人を追い詰めていくBGMは、SEも良い具合に混ざってテンション上がります。

・システム
ワンボタンでクイックセーブ、バックログの音声再生、シーン巻き戻しも可能

・ストーリー
最終章はともかくとして、他の章は単体でも良い出来です。
導入→事件発生→推理→解決 の、導入と事件発生部分が割と長いのでダレるところもありますが、ここが長めなのでサブキャラもキャラ立ちします。
最終章はともかくとして。

・流れ
大抵の推理ゲームでは、証拠を得たらそのまま事件解決モードに入って、プレイヤーが納得しないまま主人公達が犯人を指摘してしまい「あぁこの人が犯人だったのね」と置いてけぼり感がありますが、このゲームではその前に主人公がちゃんと推理が正しいか道筋を立てます。
事件解決モードでも同じ事をやるので二度手間ですが、道筋をきちんと立てた上で犯人はこの人しかいないと導き、追い詰めていく「開発者の姿勢」は評価。

・オマケ
怒首領蜂入り。
オマケの部類を出ませんが、だらだら遊ぶには十分です
NIN2-JUMPも入ってますが、ステージ2と4だけを収録。そのくせ得られる実績は上。
最終章もオマケ扱いしていいと思いますが、普通なら事件の真相すべて解明で終わりなのにさらに後日談の最終章も用意したのは良しです。
これは、最終章にしか登場しないキャラの評価部分が大きいんですけど。

BAD/REQUEST

・スキップ
既読スキップではなく、押している間は強制場面以外は全部飛ばすというステキ仕様
このゲームはところどころに撮影ポイントがあり、そこでご褒美CGを得られるのですが、そのポイントもかっ飛ばします。回収プレイ時には厄介

・フィルム表示
カメラだけありフィルム数がライフ数でもあります
ご褒美CG撮影ポイントで無駄打ちすると、推理パートで必要なフィルム枚数が足りなくなります
また、人物を撮影した際もフィルムが減ります
しかし、減った事は「撮影ポイント」に到達して、フィルム枚数が表示されなければわかりません。常時表示されてないので、あとどのくらいあるのかがわからない。
なので、撮影ポイントでセーブ→総当りを繰り返す安牌作戦になってしまいます。

・強引さ
「人の記憶や場所の記憶を撮影できるカメラ」という能力のせいか、やや展開が強引。
まぁ、その能力で撮影できた決定的な犯行シーン写真を使わなければゲームシステムの根本的な否定になりかねませんが。


・一部シナリオ
他の人も指摘してますが、今まで推理でやってきたのに、ランダムっぽい選択肢orノーヒント(ミスでゲームオーバー)が出る章があるのは勘弁して欲しかった。
ちゃんとそこも推理で通して欲しかった。

・フルボイス?
なぜか主人公だけボイスがありません。
主人公=プレイヤーなゲームではなく、主人公は主人公でキャラ立ちしているゲームです。
彼のバストアップ画もあり、口パクもするのですがボイス無し。他キャラは全員ボイスがあるのに、彼だけ無音で口がパクパク。資金が尽きたのか?と疑ってしまう。もったいない。

・巨乳ばかり
貧乳好きには厳しいでしょう

COMMENT

最後に、GOODにもBADにも迷ったものを。

1:半ば隠し撮りをして相手の記憶を撮影した後、写真をチェックする為に相手に断りを入れてからその場を離れて確認する主人公。毎度です、細かい……。

2:とあるシナリオで犯人扱いされた人物が「犯人は自分じゃない、○○だ!動機はXXなんだ!」と主人公に訴えるのですが、真犯人も動機も、その人が言ったとおりそのまんまだったのは笑いました。こんな仕打ち、色々な推理ゲームやってきましたが初めてです。
目新しすぎてGOODにいれるか迷いました

---------------

アドベンチャーが好きな私は、とても面白く満足できました。
荒削りな部分もあり、シナリオの展開の強引さや犯行テク、事件の真相のさらに裏側に「え?」となる部分もありましたが、「なんでもあり」を念頭に置けば概ね満足。

なにより最終章にしか出ない某キャラは、パッと出で終わりじゃ無くなって良かったです。
続編もいける感じですし、私は希望してます。

まずは体験版を遊んでみてください。ゲームシステムは体験版で理解できると思います。
ユルめの推理ゲームをやりたい人にはオススメです。

プレイ時間:05時間以上30時間未満(complete)
えぃあさん [2012/06/04 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム ストーリー
3pt 3pt 4pt 4pt 2pt 5pt 1pt
総合点
68pt

GOOD!

最初に。
自分は普段ADVをやらない門外漢で、CAVEのメインジャンルであるSTGを漁ってるタイプのプレイヤーです。
言わばCAVEと言うブランドからこのゲームを買ったのであって、ADVの事はほとんど何も知らない人間のレビューと言う事をまずお断りしておきます。

このゲームが売りとしている、記憶や過去を撮影するカメラ『エクスポージャー』のシステムは、ただ漫然と読み進めるだけと言った状況を無くし、ある程度プレイヤーから能動的にゲームに介入していく仕組みを上手く作っています。
各章ごとにフィルムの個数制限があり、任意での撮影のほかに人物写真などの強制消費もあるので、それを念頭に入れてプレイしていくと無闇矢鱈にシャッターを切る事も出来ず、これがプレイに緊張感を与える仕組みになっています。(ただし、この点については問題あり)
その為、自分が抱いていた『ダラダラ読み進めれば良い』『詰まったら総当たりすれば良い』と言ったADVのイメージを、上手く払拭してくれました。
また、ストーリーの構成も程良く纏まっており、長すぎず短すぎず、隠し要素などを度外視すれば納得できる程度のボリュームであったと思われます。
各章ごとに、メインキャラクターもそれぞれクローズアップされていく為(2章のフーカ、3章のクロエ、4章のキリン……と言った具合に)、キャラクターの魅力も存分に引き出されています。

内容は推理ADVである為、上記のエクスポを使って集めた写真を用いて推理をするパートが章の最後に挟まれるのですが、これは主人公のゼンヤが自分の推理を整理するためのパートと、実際に事件の関係者の前で推理を披露するパートの2つに分かれており、やや冗長とも感じられる所ですが、これもただ同じ事を2回繰り返すだけにはとどまりません。
ゼンヤの中で整理する推理と、実際に披露される推理とでは、トリックの構成要素や証拠などを聞かれる順番や質問の要旨・角度などが異なる為、ちゃんとプレイヤー自身で推理を把握し、適宜場に応じた写真を提示する必要があります。
その為『実際に推理をしている』感が良く出ており、作業感を軽減してくれています。場合によっては「その部分については説明できない」と、一歩引いた選択肢を選ぶ必要もあったりします(体験版でもそうしたシーンはあり、体験版の中で一番『引っ掛かる』シーンかと思います)

他にも、それほど耳に残るキャッチーな曲と言う訳ではないものの、場面に非常にマッチしていて雰囲気を盛りたててくれるBGMや、程良い長さとところどころに隠されているシャッターポイントを探り当てていく熱中度(ただしここも一長一短)も、見るべきところです。
それとは別に、章の中で区切りとなる場面でアイキャッチと共に流れるジングルに関しては非常に耳に残りやすく、またOP・ED両方共に良曲と言って良いものです。

そして、ボリュームを5とした理由は、明らかにCAVEが購買層を意識していたものと思われる、豊富な小ネタ・ファンサービスによるものです。
登場人物の名前に、こっそりと過去のCAVE作品に関連した名前が仕込まれていたり(例:メインキャラクターの一人『八飛車キリン』は、『ぐわんげ』に登場する式神『八飛車』と『麒麟丸』の合成)、壁のポスターに堂々と『エスプガルーダ?』のライバルキャラに当たる『セセリ』が起用されていたり(同時に、見えにくいものの、彼女を象徴する迷言である「必ず死なす!」と書いてあったりする)……。
更に、「お前の手に残った跡を見るに、お前が夜更かししてたのはSTGをやってたからだろう。しかも、手動連射が必要な、かなり古いタイプのSTGだな?」なんて会話も挟まれていたりと、普段からCAVE作品を愛好している人ならニヤニヤする事請け合いのネタが、これでもかと積みこまれています。
正史と言う訳ではないものの、公式にロンゲーナ大佐に声が当てられたと言うのも、評価すべきポイントです。当然、あの至言「死 ぬ が よ い」も、しっかりと言ってくれます。

BAD/REQUEST

評価点の中で平均以下とした『バランス』と『ストーリー』については、色々と問題があると言わざるを得ません。

まず『バランス』の面ですが、GOODで書いた「フィルムの個数制限が緊張感を演出してくれる」と言う点がスポイルされてしまう点が大きいです。
と言うのも、オートセーブやクイックセーブなどが手軽に出来る為、やろうと思えば簡単に総当たりで正解の写真を取り当ててしまう事が出来るのです。
これを使えば『事件とは直接関係ない、収集要素としてのシャッターチャンス』も、あっさりとモノにしてしまえる為、そうしたプレイを行えばあっと言う間に緊張感も作業感も悪化してしまいます。
せめて『フィルムの個数は別個に管理する』と言った工夫が欲しかった所です。周回の手間を軽減すると言う意味では有効な仕様なのでしょうが……。
また、そうした収集要素も、おまけシナリオの解禁条件となっている一部の写真を除けば、ほとんどが『単なるセクシーショット』で終わってしまい、実績解除の為にしか収集する意味を見いだせないのも残念な点です。
本当の意味での、登場人物たちの過去(何気ない生活の風景や、人物関係を示唆する様な写真)が取れれば、一話限りのサブキャラクター達も、より有効的に掘り下げる事が出来たのではないでしょうか?

そして『ストーリー』ですが、正直このゲーム最大の問題点だと考えます。
物語の黒幕が、あまりにも非常識な超常能力を備えた人物と言う設定の為、多少SF的ではあるものの、これまで概ね普通の世界観で進めてきた流れと終盤の対決シーンとの間に、別なストーリーを読んでいる様な乖離を感じさせるのが残念でした。
物語の構成を考えると、こうした能力を用いなければ成立しないので仕方のない面もありますが、少なくとも黒幕の挙げる2つの目的の内の1つは、この能力を効果的に用いればわざわざ策謀に及ばなくてもあっさり解決できるだろうと思われる物で、どうにも消化不良感が残ってしまいます。
また、主人公ゼンヤと黒幕との間には、非常に重要な因縁があり、そこの部分についてゼンヤは「物語開始の時点から6年前までの記憶しかない」為に、最後の対決まで気づかなかった……という設定があります。
これそのものは特におかしな設定ではありませんが、そこの部分に対する伏線が、劇中でほとんど張られていないため、やはり唐突な印象を受けてしまいます。
実際には、ゼンヤの「深刻なレベルで『ある物』が苦手」と言う部分でそれとなく示唆されていますが、「だから何?」レベルの、キャラクター付けとして流されてしまう程度の物で、やはり伏線としては不十分と言わざるを得ません。
恐らく、最後の部分で大幅にどんでん返しをしようとしたのでしょうが、説明不足があって(上記の伏線に関しても、「だからそうだったのか」と言った解明の補完がなされず、結局置いてけぼりになってしまいます。説明しなくても読んでれば理解できるレベルではありますが……)、余計に『唐突さ』『無理矢理感』を感じやすくなってしまっています。

それとは別に、7章の展開は全般的に、グダグダ感や蛇足を感じさせるものになっています。
第1の犠牲者が出た辺りから「あぁ、ああいう感じの展開にしたいのか……」と、なんとなく予想がついてしまい、中々インパクトのある紆余曲折を迎えながらも、最終的にはその予想通りの収まり方をしてしまう、と言った印象を受けました。
物語を綺麗に終わらせる為のエンドマークとして必要だったのでしょうが、もっと別なやり方は無かったのかと考えてしまう、残念な点でもあります。
「中々インパクトのある紆余曲折」に関しては、割と新鮮な驚きを感じましたが、逆にそのせいでオーラスで陳腐さを感じて脱力してしまうとも言えます。

上記の2点を合わせて「終わり良ければ全て良し」の逆を行く様な、どことなく収まりの悪いストーリーが、周回プレイのたびに鼻につく様になってしまいました。

また、おまけシナリオも、本編中で鍵となる写真を取ればいつでも見れると言う条件の割に、その内容のほとんどは後日談的なものになっていて、結局は本編を一度クリアしないと完全に楽しめないものになってしまっています。
大抵は「本編をクリアしないと分からない、それでもただおまけを単体で見るなら問題ない程度に固有名詞が出てくる」だけですが、わずかでもネタバレを嫌うプレイヤーはかなり気にする点かと思います。
逆に、完全に後日談としての性格を強調したおまけシナリオ(怒首領蜂の解禁条件)については、本編の最終盤にならないと解禁できないため、そこは問題ありません。

最後に、同時収録されている怒首領蜂についても、いささか首を傾げさせられる点があります。
これに関しては、いつものCAVEプレイヤーには慣れたもので、普段STGをプレイしないプレイヤーには、弾幕STGの金字塔であり基礎でもあるこの作品をプレイしてもらおうと言う事なのでしょうが、そうした中にあって『キーコンフィグ不可能』『画面拡大率の調整不可能』と言うのは、不親切であると言わざるを得ません。
また、自機の操作も妙な引っ掛かりの様な物を感じ、SS移植版などに比べて、かなり不便なプレイを強いられてしまいます。本当に『おまけ』として収録した程度の出来栄えです。
あくまで本編はインスタントブレインなのであって、怒首領蜂目当てでこのゲームを買うのは始めから間違いなのでしょうが……。

COMMENT

気がつけば360は、アクション系のせわしない操作を要求されるタイプのソフトばかりを買っていたので、じっくりとプレイするタイプのこのゲームで、程良く息抜きをする事が出来ました。
また、普段ADVをやらない為、他のADVと比較してどうこうと言う事は出来ないのですが、概ねプレイして満足でした。個人的には4章が一番読み応えのあるシナリオでした。
ただ、CAVEファンにしか受けないだろう内輪ネタなどの存在もあり、また、ADVを良くプレイするプレイヤーから見て、自分の感じた様な長所・短所はどう映ったのか……と言った点もあり、タギングには「コノミワカレル」をつけておきます。
ただ、自分の様にシューターでADVはあまり経験無い、と言った人なら楽しめるのではないでしょうか。少なくとも自分は、十分に楽しめました。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(complete)
Type8さん [2012/02/28 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム ストーリー
1pt 2pt 3pt 1pt 1pt 2pt 1pt
総合点
29pt

GOOD!

4980円で買いましたが、余りに薄っぺら内容で幻滅しました。
酷評が大半なので取りあえずGOODから書きます。

・CERO:Cの割に露出度の高い服装や入浴シーンなどのキワドイシーンが多かった。

・怒首領蜂とNIN2 BRAIN(LIVEアーケードにあるNIN2 JUMPと同じ作品)が遊べる。

それだけ。

BAD/REQUEST

推理ゲームとジャンルにあるが、声優が豪華なだけの一本道のアドベンチャーゲームです。

・今作はエクスポという過去を写すカメラを使って事件を解いてゆくと言うシナリオだが、いつでも写真を撮れる訳ではなくて左上に撮影可能の表示されているときにしか写真を撮れないので、結局シナリオにしたがって写真を撮らされているだけで面白くない。
しかも撮った写真の大半が女性の入浴シーンや下着姿だったりの事件とは全く関係ないアダルト写真だったりと事件ものでは売れないからそういう路線で行きましたとしか思えないケイブの考えに呆れてくる。
大半の女性キャラの服装もアダルトゲームに出て来るような露出度の高い服装だったりと女性層や子供を無視した明らかに男性向けのゲーム。

・話が進む毎に登場人物が少なくなり犯人を見つけやすくなってたり。
写真を撮る場面だって直前でセーブして1台詞毎にシャッターを切り、正解の文章だったらロードして正解の文章でただシャッターを切ればいいのでフィルム残量は必要なかったり。
オマケの怒首領蜂も他のケイブ作品で当たり前に出来た、ゲーム画面を広げたり、難易度を変更したりが出来ないなど手抜き感が凄い。
NIN2BRAINだってLIVEアーケードのNIN2JUMPのJUMPをただBRAINに変えただけという酷い手抜き。

COMMENT

かってほんとに損しました。
それなら怒首領蜂をそのままゲームにしたほうが売れると思います。
なぜ、縦シューメーカーのケイブがアドベンチャーゲームを作る事になったのか理解に苦しみます。

プレイ時間:05時間以上30時間未満(complete)
バイザリアンさん [2012/01/24 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム ストーリー
4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 4pt 3pt
総合点
73pt

GOOD!

■オリジナリティ
エクスポというカメラを使って証拠写真を撮り状況を整理して犯人を追いつめるという最近の読むだけのテキストアドベンチャーとは違ってちゃんとゲーム性のある推理アドベンチャーをしていたところが面白かった。
世界観、キャラクターといろんな意味でケイブらしさ全開で奇抜。
初ADVなのにいきなりキネクトに対応したりキネクトで遊べる怒首領蜂もおまけに詰め込んだりとかなり挑戦的。

■サウンド
オープニング、エンディング共にかなり良かった。
OPは殆ど飛ばすことが無かったくらい好き。
BGMはゲームの邪魔をする訳でもなくこの世界観を上手く表現している。
特に推理している時や犯人を追いつめている時のBGMは緊張感のある雰囲気が出ててやたらカッコよかった。

■熱中度/ストーリー
結末はかなり好みが分かれると思うけど、それまでの過程は面白くて最後まで飽きなかった。特に2章はトリックや展開が面白く良質なサスペンスドラマを見ている気分で夢中で進めた。

■ボリューム
本編のボリュームは特にダラダラと長くも少なくも感じずまさに丁度いい感じ。
さらに各キャラクターごとにおまけシナリオがあってこれがかなり良かった。
おまけミニゲームがニンニンブレインやキネクト怒首領蜂と豊富で実績も1500と豪華。
それからいろんなところにやたらとケイブネタがあってファンサービス満載。

そしてなによりこのゲームはキャラクターの魅力が際立っているところが一番良かった。
主要キャラはもちろん、そのほかに大勢いるサブキャラクターまで殆どが個性が出ていて魅力的だった。

BAD/REQUEST

やってみればキャラクター自体は魅力的なんだけど、初見で引かれるような奇抜すぎる服のデザインはやめた方がよかったと思う。せっかく話はまともな推理サスペンスやってるのにこれじゃギャルゲーだと思われても仕方ない。
こちらもやっていればそこまで気にならないけど、ファンサービスで決めたと思われる無理矢理な当て字とやたら難しい漢字詰め込んだキャラクターの名前が致命的にセンスが無い。

なんというか、悪い意味でケイブの悪趣味な斜め上路線が爆発しててとっつきにくいのが本当に勿体無い。

親切設計で前のログに一発で戻れるのは快適で良いんだけど、せっかくの相手から話を聞き出した所でエクスポでタイミングよく写真を撮るというゲーム性が台無しになっている気がする。

各章のトリックの強引さとかは特に気にならなかったけど、5章だけはトリック自体は面白いと思ったのに演出がもたついて冷めた。もう少しなんとかして面白く盛り上げれたと思う。意見の別れる7章だけど自分は蛇足だと思った。

おまけなんだけど怒首領蜂の移植の出来が悪かった。
せめてキーコンフィングくらいさせろよと。
こんなんじゃADVユーザーをSTGに引き込む事も出来ないし、STGユーザーからは不満しか出なかった。

あと細かい不満点として
画面設定をD5出力にしてると何故かCGが粗くジャギジャギになる。D4推奨
ミクリの音声だけ音割れすることがあった。
誤字が多く目立っていた。

COMMENT

自分も何だこのキャラデザはと初めは買う気なかったけど、体験版が予想以上に面白くて購入。
本編も終わった頃にはキャラに愛着が沸く程好きになってただけに初見でとっつきにくいのが本当に勿体無い。
見た目で敬遠していて少しでも気になっているなら是非体験版をやってみてほしい。

やっぱり初ADVだからなのかジャギったり音割れしたり誤字が多かったりと初歩的な所で粗が目立つけど、ADV初挑戦にしてはかなり面白く出来ているし意欲的に頑張ってると思う。
公式でアンケートが実施されているからまた是非次回作を頑張って作って今回の不満点を解消した新しいADVに挑戦してほしい。

プレイ時間:05時間以上30時間未満(complete)
ゆうさん [2011/12/28 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム ストーリー
4pt 3pt 3pt 2pt 2pt 4pt 3pt
総合点
56pt

GOOD!

他の方がおっしゃるように、PC98やSS時代ADV、
特にイブバーストエラー辺りの世界観を、
逆転裁判などの最新ADVのシステムで表現したところに好感が持てました。
ただ真似るだけでなく、撮影写真で状況を証拠品に出来る点や、
相棒のアンドロイドに質疑応答してロジックを組み立てる点など、
他社製ADVにないオリジナリティを感じました。
やや無理矢理感があるストーリーやトリックも個人的には楽しめました
(2章までは。理由はBADで)。

BAD/REQUEST

goodの2章までしか楽しめなかった理由にもなるのですが、
3章以降、証拠品や容疑者数が激減し、
推理や証拠品が取捨択一のボタンを押す作業になりがちになることです。
さらに超能力で撮った写真は証拠として出せないと言った、
ゲーム的な縛りが3章であっさり破られる事、
○○解除や○○の順番に推理要素ゼロの総当りを強いられる事も、
ゲーム性を重視する自分にとっては苦痛でした。
余談ですが、最終章の演出も個人的にはがっかりでした。

COMMENT

19インチ液晶HDMI720pでのプレイです。
結果として、過去のPC98時代のADV、推理要素があまりなく、
ややアニメ調なサスペンスを楽しみたいと言う人にはお勧めです。
逆に推理ADV「ゲーム」として買いたい人に勧められる内容ではありません。
システムやストーリー、キャラクターは好みだった分、推理の内容は残念でした。

プレイ時間:05時間以上30時間未満(uncomplete)
クリームケーキさん [2011/12/07 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム ストーリー
4pt 3pt 4pt 3pt 3pt 3pt 3pt
総合点
65pt

GOOD!

過去を写せるカメラ(エクスポ)という設定が非常に面白い。

ユーノ、イヴバーストエラーなどをプレイした人には懐かしくもあり、かといって古臭さを感じさせない良質なBGMによる演出。

見た目はとっつきにいくい人もいそうだが、進めば進めるほど個性があり愛着の沸くキャラクター達と豪華な声優陣。

面白いおまけ要素。

BAD/REQUEST

やや物足りないシナリオ。容易に想像がついてしまう展開と強引すぎるトリックがあった。
一本道というのも少し残念。自由度が無く、押し付けがきついと感じる方もいるのでは?

画面推移がモッサリとする箇所があった。オートモードにするのが面倒なのは良くないですね。

粗いCG。D4にすることで緩和されるが、大きな画面でプレイされる方は気になるかも。

COMMENT

良作。
シナリオに放送作家を起用して狙って2時間のサスペンスドラマのようなシナリオになっていた。難解で厚みのあるシナリオも欲しかったが、これはこれでテンポが良く飽きさせない造りにもなっている。次回作があるのであれば、誰が犯人なんだ?と感じさせるお話も楽しみたいところ。
推理→解決編と二重の作業になったが、これがなければ確かに犯人を追い詰めている感覚は得られなかった。丁寧すぎる造りだったが、個人的にはこれは好印象。
足りない部分はあったが、それを補って楽しませるだけのものはあります。特にキャラクターが素晴らしいので、続編や別の展開があればと期待しています。

まとまった時間がなくても楽しめるので、「時間がなぁ」と敬遠される方にもオススメです。もっと評価されていいゲームですし、迷っている方も買って損はないと思いますので買っちゃいましょうw

プレイ時間:05時間以上30時間未満(complete)
和チキさん [2011/12/02 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ




レビュー投稿フォーム

インスタントブレイン
レビュー投稿フォーム

−レビューを投稿する前に− 注意事項

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記掲載基準のご確認をよろしくお願いいたします。

  • プレイしたかどうかを問われるレビューや他の方のレビューに対する意見が大半を占める場合などは不掲載となります。また、「グラフィック」や「熱中度」など点数項目を列挙して、その部分にのみコメントを書かれるのは、レビューされる部分が限定されてしまうためできるだけお控えください。
  • 明らかな誤字や脱字、意味のない著しい改行、“w”や顔文字の多用は当該部分に限り修正させていただく場合があります。なお、それらの修正でレビュー文の趣旨が異なってしまう場合は掲載を見合わせていただいております。ご了承ください。
(通りすがりなどは非掲載) ヘルプ
(任意) ヘルプ

掲載に際し、連絡の必要が生じた場合にご連絡させていただきます。

ヘルプ

URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。

点数に関する注意事項
  • 基本は1〜4点となっており、0、5点は特別点でその点に至った説明が必要となります。また、すべて4点や1点などの場合も、相当のレビュー文がなければ掲載を見合わせていただいております。
  • ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断でポイントを付してください。
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
  • キャラクターが魅力的
  • 萌えキャラがナイス!
  • グラフィックが優れている
  • 中古ショップなどで安価で入手可能
  • ストーリーがよく練られている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • 対戦が燃える!
  • 協力プレイで盛り上がれる
  • 音楽・サウンド効果が優れている
  • 原作物で原作ファンにオススメ
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 残酷な内容…
  • わかりやすい内容・操作性
  • めちゃくちゃ難しい難易度
  • とにかく退屈な内容…
  • このソフトこそ「傑作」にふさわしい!
  • 是非続編を出して欲しい!
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • XboxLIVEとの相性がバッチリ!
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • とにかく簡単な内容
  • 選択しない

−掲載までの日数など−

掲載所要時間(掲載数の少ないタイトルを優先掲載中):通常4〜14日、最新作1〜3日











サイト情報

募集開始 (14/12/25)
シャドウ・オブ・モルドール レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/18)
カオスチャイルド レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/11)
グランド・セフト・オートV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/04)
ぷよぷよテトリス,ザ クルー レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/27)
ドラゴンエイジ:インクイジション(360),NBA 2K15(360),サクラフラミンゴアーカイヴス レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/20)
EA SPORTS UFC,真・三國無双7 Empires,アサシン クリード ユニティ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/13)
ワールドサッカー ウイニングイレブン2015,コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア (360),Halo:The Master Chief Collection レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/06)
Killer Instinct コンボ ブレイカー パック レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/30)
ボーダーランズ プリシークエル,メトロ リダックス(XboxONE),Sunset Overdrive(XboxONE) レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/23)
サイコブレイク(360) レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/09)
FIFA 15(360),Project Sparkスターターパック レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/02)
Forza Horizon2(360),F1 2014, レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/09/04)
[One]タイタンフォール
[One]コール オブ デューティ ゴースト
[One]MURDERED 魂の呼ぶ声
[One]Wolfenstein: The New Order
[One]バトルフィールド 4
[One]プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア
[One]ウォッチドッグス
[One]ズー タイクーン
[One]無双OROCHI2 Ultimate
[One]シーフ
[One]トゥームレイダー ディフィニティブエディション
[One]アサシン クリード4 ブラック フラッグ
[One]デッドライジング 3
[One]Ryse:Son of Rome レジェンダリー エディション
[One]フォルツァ モータースポーツ 5
[One]ニード・フォー・スピード ライバルズ
[One]ズンバ フィットネス ワールドパーティ
[One]Kinect スポーツ ライバルズ
[360]悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2
[360]MURDERED 魂の呼ぶ声
[360]プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア
募集開始 (14/08/28)
GRID Autosport レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/08/07)
ウルトラストリートファイターIV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/26)
ウォッチドッグス レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/12)
シーフ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/05)
ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー,剣の街の異邦人 ~白の王宮~ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/05/29)
バレットソウル -インフィニットバースト- レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/04/24)
2014 FIFA World Cup Brazil,ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ! ~ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/04/10)
タイタンフォール レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/27)
Yaiba: NINJA GAIDEN Z レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/20)
メタルギアソリッドV,ズータイクーン レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/13)
DARK SOULSII レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/02/27)
紫影のソナーニル レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/01/23)
ドラゴンボールZ BATTLE OF Z,セインツロウ IV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/19)
BandFuse: Rock Legends レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/12)
ニード・フォー・スピード ライバルズ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/05)
バットマン:アーカム・ビギンズ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/28)
アサシン クリード4 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/20)
ライトニング リターンズ FF XIII レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/14)
デッドフォール アドベンチャーズ, コールオブデューティ ゴースト レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/07)
バトルフィールド4,ロックスミス2014,NBA 2K14 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/10/18)
FIFA14 ワールドクラスサッカー レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/10/10)
グランド・セフト・オートV,F1 2013 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/26)
アーマード・コア ヴァーディクトデイ,ペインキラーヘル・アンド・ダムネイション レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/19)
ファントムブレイカー:エクストラ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/12)
エア コンフリクト ベトナム レビュー募集を開始しました。