NINJA GAIDEN 3: Razor's Edgeのレビューを書く

NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge レビュー

NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge
発売元 コーエーテクモゲームスオフィシャルサイト
発売日 2013/04/04
価格 7,140(税込) [XBLA/XNAの場合はMSP]
レーティング 18才以上のみ対象(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 ヘルプ    
タイトル概要 「Razor’s Edge(カミソリの刃)」という名の如く、『NINJA GAIDEN 3』を鋭く研ぎ澄ませ、「至高のハイスピードNINJAアクション」としてWiiUで発売された『NINJA GAIDEN 3:Razor's Edge』が登場。
スクリーンショット
(クリックで拡大)

Warning: file_get_contents(http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=0SPZQEVSN7AMBP6M3J82&AssociateTag=xboxmk20d-22&ItemId=B00BB8JQQY&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Images&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2017-04-30T22%3A24%3A43Z&Signature=r0wHsa4fQRycOnGlIw95mOuOTZiyTZIyAy%2B14yWaJNc%3D) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/gamers-review/www/share/snapimgs.inc.php on line 67

Warning: Cannot fetch XML data in /home/gamers-review/www/share/snapimgs.inc.php on line 70

スコアボード

NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge評価ランク
総合ポイント
69
レビュー数
6

スコアチャート NINJA GAIDEN 3: Razor's Edgeレビューチャート


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
16.7%
50-59
33.3%
60-69
50%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
83.3%
【標準偏差】
6.41

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 爽快感
3pt 4pt 3pt 5pt 3pt 4pt 5pt
総合点
75pt

GOOD!

・主人公リュウハヤブサの圧倒的強さ

仕様を理解しやれることを全てやれば、映画ばりの立ち回りで並み居る敵を
ばっさばっさと斬り倒すことが可能。
グラフィックも美麗で攻撃のモーションも作りこまれているので、
かっこよく立ち回れたリプレイを保存(本編では無理だが)して一人で
ニヤニヤしながら見るなんて楽しみ方もある。ハヤブサの気合の入った掛け声も
かっこよくて聴いてて心地いい。


・敵も強い

無双系のようにただボタン連打してればいいというわけではない。
敵もこちらを本気で殺しに来るので戦闘の緊張感はかなりのもの。
それらの敵を純粋にアクションの腕だけでなぎ倒す爽快感もまたかなりのもの。


・良質なエフェクト

斬った時のズバ!や飯綱落としを決めた時のグシャ!!断骨を決めた時の血飛沫…
これらのエフェクトがとにかくいい意味で大げさ。爽快感を得る一助になっている。


・基本的なアクションの肝は押さえている

無敵時間付の回避行動、コンボ攻撃、敵に大ダメージを与えられる大技など
アクションの基本的な動きは一通りこなせる。
唯一”攻撃中に回避行動”が出来ない仕様だがこれは新アクション「空蝉」の
追加によりいくらかは改善された。ちなみに攻撃中でもガード入力は受け付けている
ので全くの隙だらけという訳ではない。


・即死攻撃の断骨と滅却により雑魚敵を瞬殺可能

当たり前のようで重要な要素(だと個人的に思う)。雑魚敵自体の耐久力は決して
低くは無いのだが、即死攻撃の断骨や滅却により一瞬で葬り去ることが出来る。
(断骨は敵のガード不能攻撃に対するカウンター、滅却はこちらの攻撃で
四肢のいずれかが欠損した状態の敵にのみ使用可能と発動条件は当然あるが)
そのためテンポが非常によい。ただ中にはやたらと耐久力の高い雑魚敵もいるが…

ちなみに断骨は連鎖も可能。一瞬で複数の敵を葬り去れた時の爽快感たるや


・豊富な武器と追加キャラ

ハヤブサには基本の刀以外にも爪や棒、鎖鎌など色々な武器が用意されてるので
多彩なアクションが堪能できる。
追加キャラの紅葉、かすみ、あやねも強すぎず弱すぎずで単純に使っていて楽しい。
隠しコスチュームもアクションゲームにしては多いので、プレイ毎にある程度は
新鮮な気持ちで遊べる。ちなみに女キャラの露骨なエロコスはなし。
ここを良いところととるか悪いところととるかは個人差によるところが大きいが


・飯綱落としと飛燕の弱体化

前作までは飯綱ゲー飛燕ゲーと揶揄されていたが、今回それらが弱体化したことにより
他の技の価値が相対的に増加。結果として色々な攻撃を使いこなす必要性が生じたため、
多彩な動きで見栄えのいい戦闘が実現可能に。
もちろん飯綱や飛燕にも使いどころはあるので死に技になっているわけではない。


多種多彩な方法で敵を屠っていく爽快感が凄まじく、滅却のモーション、いわゆる
殺陣もよく作りこまれており存分に超忍ハヤブサを堪能できるため熱中度と爽快感は5点

BAD/REQUEST

・敵の超回避

敵が本気で殺しに来るのは結構だが、本気で避けるのはやめてもらいたい。
一部雑魚敵はこちらの攻撃を文字通りヒラリヒラリとかわしてきてこちらの
コンボの一瞬の合間に割り込んでくるなど凄まじい超反応を見せてくる。
前作までは超忍vs一般兵士(または忍者)と言った感じだったが
今回は超忍vs超人と言った感じ。
またこの超回避の煽りを受けてこちらの唯一の投げ技「首切り投げ」が死に技に。


・攻撃中に回避行動が出来ないもどかしさ

一部の敵はよく「スーパーアーマー付のガード不能攻撃」を突然仕掛けてくる。
そのため、こちらの攻撃とそれがかち合えばなす術もなく喰らってしまう。
攻撃中にも発動できる回避技「空蝉」が使える状況なら問題ないが、
それもゲージ消費技なのでそうそう連発できる技でもない。中にはその反応すら
出来ない速度でこれらの攻撃を仕掛けてくる雑魚敵もいる。
そもそも空蝉が使えないキャラもいるので、これらのキャラは(一部の敵に対して
のみではあるが)ガード不能攻撃にびくびくしながら、隙の少ない単発攻撃を
チマチマ与えるか逃げ絶技一点張りと、非常に消極的な戦いを強いられる。


・単調なボス戦。よく分からない”隙”の法則

全てのボスの基本戦術が、攻撃を誘ってかわして硬直中にコンボを叩き込んで逃げる…
の繰り返しで非常に単調。
またモーション的にいかにもな隙をさらしていても、攻撃するとガードされたり
避けられたり、ひどい時にはスーパーアーマー付の攻撃で反撃を喰らったりと、
一部ボスの隙が慣れるまではいまいち分かりにくい。


・一部の強技の存在

とある武器のある技が異常に強いおかげで高難易度はこの技を振り続ける
ゲームと化している。武器バランスはお世辞にもいいとは言えない。
使えない武器はどうしようもないくらい弱く、使える武器は途方もなく強い。


・絶技のモーションがしょぼい

あくまで主観的な意見だが絶技のモーションが2に比べて全体的にいまいち。
特に初期装備の龍剣の絶技は、モーションを作りこむ気が最初から無いのではないかと疑うレベル。


・強力な断骨の存在による待ち主体の立ち回り

体力微回復、複数の敵を瞬殺可能と強力な(連鎖)断骨。強力なのでついつい狙って
しまいたくなるが、カウンターアクションだけに敵のガード不能攻撃を待つ
受動的な戦い方にしばしばなってしまう。かすみは例外だが


・最高難易度のバランス調整が狂っている

ニンジャガイデンと言えば最高難易度モードの理不尽ともいえる難しさで評判だが、
今回も例に漏れず理不尽。ただ強い敵を同時に大量に置くだけの、バランス調整を
放棄したかのような難易度設定。最早クリアに必要なのは運と根気のみ。
やり遂げた後も達成感よりも疲労感の方が残る。
開発チームの中で最高難易度をクリアできる人なんて存在するのだろうか…
それくらい難しい。またそんな難易度設定のため、強技をこするくらいしか
打開策がない。これを楽しいと言えるかどうかは…

そのため実績全解除はかなり難しい。オン限定の実績もあるため、
実績解除目的で買うのはやめた方がいい。


・劣悪なカメラワーク

壁にカメラがめり込めない仕様(?)なので狭いステージではたまにとんでもない
方向にカメラが向く。ボス戦なのにボスが見えなくなるのには閉口。
また複数ボスを相手にするときも、何故か近くの敵ではなくあらかじめ決められた遠くの
敵にカメラが向けられたりと不親切。
カメラワークを満足に調整できないなら、全てのボス戦を壁の無いただの原っぱにでも
してもらった方がまだいい。それくらい酷い。


・薄っぺらなストーリー

ネタばれになるのであまり書けないがとにかくペラッペラ。特に後半はひどい。

COMMENT

オンライン非プレイ。ただ元々オフゲーだけにオフだけでも十分楽しめる作り。

アクションゲーム好きなら買って損はない本作。GOOD!に書いたように爽快感もあり、
ノーマルやハード程度の難易度なら、慣れれば圧倒的な強さを誇る超忍ハヤブサを
存分に演じられる。多数の敵が本気で殺しに来る緊張感とそれを己の腕のみで
組み伏せる爽快感はやはり見事である。
ただ、慣れるまではノーマルでも相当に難しく、ひたすらコンティニューを繰り返す
羽目になるので人によっては途中で嫌になるかもしれない(一応救済措置として
オート回避付のヒーローモードなる最低難易度もあるが)。

難易度調整が荒削りな面もあるので(例えば基本的にノーダメ進行はほぼ不可能な作り)
人によっては合う合わないが激しいかもしれない。

また敵の四肢や頭がポロポロ取れるため、ここでも評価が分かれるかと
(技によってはダルマ状態にまでなる)。ゴア表現が苦手な人は避けた方が
いいかもしれない。ただ、主人公の四肢や頭が吹っ飛んだりはしないためそこは安心。

飯綱落としで敵を大胆に屠り、こちらの怒涛の連続攻撃の合間に来る敵の
ガード不能攻撃を空蝉で華麗に避けて断骨でバッサバッサとなぎ倒し、
弱った敵を滅却で豪快にフィニッシュ。
そして死屍累々の中、刀についた血を静かに払い落として鞘に収める主人公ハヤブサ…

かっこいいアクションを堪能したい人は是非。

プレイ時間:100時間以上(complete)
idiotequeさん [2013/05/07 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 爽快感
3pt 4pt 4pt 3pt 2pt 3pt 4pt
総合点
59pt

GOOD!

まず皆さんが言う通りQTEが殆ど無くなった事と滅却の法が復活した。プレアブルキャラクターもあやね、紅葉、かすみの3人が追加とコスチュームも追加された結構可愛
い。一応主人公のコス・リアナイズドナイトメアと言うコスチュームも貰える。
あと、なんと言っても武器が増えた事で様々な局面で手を変え品を変えと無印版は基本刀1本だったので単調にならず戦略性が大きく向上した。あと、武器の攻撃モーション
が一新されたしかも前作とは8割がた違うしかも前作よりも使い勝手が良くしかも格好いい。私は猛禽爪や二刀流が苦手でニンジャガイデン2では余り使いませんでしたが、
NINJA GAUDEN:3 RAZOR`S EDGEでは全体的に使い易くなっている。他の皆さんは武器の種類が、少なくてボリューム不足だと言う人もいますが、実はそうではなくよく観て見
ると1つの武器に足して2で割った武器が1部あります例を挙げるなら猛禽爪と言う武器が、前作のトンファーの技表に神薙と言う技がありその技が形を変えて使える様に
なっていたりと細かい所での演出が何気にニクイ。断骨も任意で出せる様になったやはり決まると爽快だし気が付くと自分でも「うりゃ」とか「ぬりゃ」とか声に出してつい言ってしまう。これは正直楽しい殲滅戦これは早矢仕さん優しいと思った理由前作ではやられるとセーブ地点から+ローディングでテンポが悪かったしかし近作では、例えクリア出来なくても手に入れた分のカルマはお持ち帰りできる再挑戦の場合はリセットされるがロードが早く直ぐ遊べる。しかも勝っても負けても終われば体力全回復する。
回復手段に乏しい近作には有難いシステムであるでもボスまで進んだら負けてもそこから再開させてくれるともっと良かった。QTEは余り好評ではないがムササビダイブだけは個人的には良いと思うと言うかこれは忍者らしくて格好いいので○。

BAD/REQUEST

まずこれは誰もが言っている事なのですが。敵が硬すぎるくせに回避、防御を頻繁に使ってくる。(特に切り上げや浮かせ技等に超反応)その中でもこれらの敵は次回作には絶対登場してほしくない若しくはその敵の強さを調整して欲しい。調整若しくは出して欲しくない敵は(自分的にはほぼ全部に近い)主に2種類います。まず調整して欲しいのは、機甲忍者という敵です。この敵は前作でも登場しているのですが、ハッキリ言って前作と比較しても強すぎる+硬すぎる。前作では地蜘蛛忍者の中でも下から2番目位で大して強くなく比較的簡単に倒せるのに対し今作では強いは硬いは欠損しないはで地蜘蛛忍者の中では異常な強さを手に入れた超忍に成り上がった。そしてもう2度と出して欲しくないのは、錬金術師です。この敵は一言で言えばストレスがどの雑魚敵よりも溜まる。この錬金術師について語ると少々長くなるのですが、まず切り上げや浮かせ技等は勿論の事、投げもそうそう狙えない、場合によっては絶技すら当たらないそれどころか断骨すら狙えない。理由は錬金術を腕に纏いそれで防いでしまうからである大体はこれで防御されてしまうからで、例えば断骨を強攻撃に合わせても、すんでで避けられてしまう等雑魚敵の中でもこの錬金術師だけはあらゆる攻撃方法が通用し難くなっている。(因みに連鎖断骨も決まらないことが多々ある)そのくせ錬金術を纏っている時はどんな攻撃も当たる癖してスッピン状態になるとポンポン避けるかと思いきや何時の間にかまた錬金術を纏っているしかもちょっとでも油断すると投げつけられ体力、気力を吸われる等兎に角ストレスが溜まる敵であるしかも投げの出が早くいきなり画面外から現れ投げられる。だからもう絶対に錬金術師を出して欲しくないと切に願います。あと、中型の敵も硬くおまけに中々欠損しないこれも頂けない調整願います。
ホーミングジャンプも相変わらず前作の様に連続でポンポン飛ぶように調整されてなければただのジャンプ・通常攻撃に化けたり常に乱戦になるのだからすぐ直すべき。
コスチュームこれって前々から思っていたのだが何の役に立つの?それに見た目が変わるだけで何のメリットがある訳でないしDLCで落としてプレイしても気分的なものでしかないと言うかそれだけであり別にあっても無くても良いシステムである。
投げ、飛燕おまけにコンボこの3つに関しては誠にガッカリである掻い摘んで話すとまず前途の理由でコンボが繋がらない、(前作の時みたいに浮かせてコンボが出来ない)飛燕に至っては攻撃以外にも回避、移動手段にも使えるからまだ良いがこれだけは幾ら早矢仕さんでも許せない、なんで首刈り投げが自由に決められないそれ所か傭兵、忍者、魔人(人型)全員に決められないといっても過言ではない。本当に決められないのです上手い人の動画を見ても使っている所なんか殆ど見ないつまりその位使えない前作みたいに軽快に使えるよう調整しないからアクションの自由度を阻害してしまうのです次回作は是非この様な事が無い様にして欲しい。
プレアブルキャラクターWIIU版の使い回ししかもあやねは兎も角かすみ・紅葉に至ってはストーリーすらない。これで完全版とは聞いて呆れる折角PS3・360の両方で、出したのだからWIIU版は仕方ないとしてもPS3・360では、かすみ・紅葉に1話でもいいからストーリーを作って欲しかったしそう言う所は差別化して欲しかった。
着地回転切り上げこの技が手裏剣を投げた後に入力しても発動しない前作は出来ていたみたいなのにどうして。紅葉が使える二段ジャンプこれは個人的にはいらなかった。
理由は今回全キャラクターが風路(エネミーステップ)が出来るからで寧ろ無い方が良かった。
ニンジャトライアルこれも個人的なのですが、この名も無き忍の攻撃モーションが主人公と一緒と言うのはちょっと気になりました。これではただの色違いみたいでせめて武器の攻撃モーションを名も無き忍の場合はNG2のモーションにするとか差別化を図って欲しかった。
絶技は前作と違いモーションも一新されたが武器によっては物足りない所があった。セーブは鳥で行うのは良いが1回しかセーブできないしかも見逃すともうセーブできないみたいだから鳥以外にも竜の像も取り入れるべきだ。
空蝉,空中射撃等のニンジャスキルがあるがその中でもこの空蝉,空中射撃だけは気力を消費しない様にして欲しかった。理由は消費が激しいと言うことと成功すれば良いが、ハズレる失敗する等しても気力が消費してしまうそのくせ消費は早いくせに溜まるのは遅く特にボス戦や攻撃範囲外からの攻撃等では殆ど溜らないそして何よりも消費する忍者スキルを使い渋ってしまう理由が、忍法、瞑想 この2つのスキルの為に中々使えないと言う事である。理由は簡単体力を大幅に回復する手段が主にこの2つしかないからである。今回はアイテムが無いため回復は元より気力すら回復する手段が無いそのためどうしたって忍者スキルを使うのを渋ってしまう。それ以前に忍法は兎も角としても瞑想が使い難い皆さんも多分解ると思いますが使いたい時に使えない動作遅い発動中無敵じゃない等使いかって悪過ぎ自分でやって何とも思わなかったのか開発人達は。自動回複,エッセンス、今回アイテムを廃止にした所為で難易度が急上昇してしまった。だが無印版を元にしているだけに仕方ない部分は仕様が無いとしてもせめて前作みたいにエッセンス位は出せるように出来なかったのだろうかもしエッセンスが倒した敵から出るシステムが復活していたならば回復の手段だけでなく戦闘でも戦略性を向上させられたのに。自動回復これも改善してして欲しかった。だって前作を踏襲したシステムで最大体力の上限分しか回復しない今回はアイテム・エッセンスが無いのにこう言ったシステムだけは何故か引き継いでいる。出来ればこの自動回復を徐々に回復するシステムにすればよかったと思う勿論最大体力は失われない様にしてこれならアイテムが無くてもザコ戦ボス戦関係なく戦えるし一々危険を冒してまで瞑想何てしなくても良くなる(余り回復に時間を掛けるとリザルトの評価が下がる等ペナルティーを設ければ良い)最後に断骨、これは素晴らしいシステムなのですがこのニンジャガイデンには似つかわしくないです理由は断骨では無くその発動の仕方です簡単に言えば相手の強攻撃に合わてYボタン(PS3は△ボタン)押すと言う物なのですがどうも後手に回ってしまい最終的には断骨ばかりの単調な戦いになってしまい上手い人の動画を見ていても殆ど断骨ばかりで少々飽きてくる。もし次回作でまた断骨というシステムを入れてくれるのならカウンターででは無く武器若しくは腕が赤く光った時に発動するようにすれば単調に、ならずにすむと思います。(ボス戦はカウンターでも良いと思いますどの道敵が攻撃し終わってから攻撃に転じるのがニンジャガイデンシリーズなので。あとボスのHPが減難く作業になり易いしかもボスの隙を狙って絶技を決めても断骨は愚か通常攻撃の連撃にすら劣っている。)スライディング、これは私の中では賛否両論でした。でも使えなと言う訳でなく状況によりけりで例えばDAY3のボス、恐竜の様な大きい敵ほかなり大振りな攻撃をしてくるからスライディング等は特に有効な回避手段になるが、DAY1のボス仮面の男の様な人間タイプは裏風の方が戦いい。個人的になのですが、武器によって回避が異なる様にすれば更に戦略性が上がると思う。例えば龍剣は裏風で猛禽爪はスライディングとかもし次回作があれば是非採用して欲しい。

COMMENT

オンライン非対応です。
無印版に比べたらかなりの力作でとても面白いですが良い所と悪い所が結構分かれた作品になってしまいました。面白いがだけに惜しい格好良いのに勿体無い、BADで述べた事が改善されれば言う事無しでした。でもまあ面白いです。
早矢仕さんへもしこのコメントに目を通す事があったらお願いがあります、まず最高のアクションゲームを作ってください。最近のチームニンジャはなんかお金儲けの事ばかり考えている様で大切な事を忘れている様な気がします。それはこのゲームがWIIU版のほぼベタ移植だからである
それで完全版とかじゃあWIIU版は何だったのか言う事になるこう言う売り方は正直頂けない。
実は私はWIIU版を先に購入しプレイしたのですがそれから一ヶ月位したらPS3/XBOX360で発売されるとかあんまり過ぎるしその特典がコスチューム1個だけとかこう言う売り方もやめて欲しい。
それにこのゲームではないがDOA5でのコメントで格闘アクションをやり込んで欲しい見たいな事をゲーム雑誌の記事で言っていたのに意気込みが足らない気がする。
もし次回作があるならあやねや紅葉達にももう一つ位武器を持たせて欲しいです。

プレイ時間:05時間以上30時間未満(complete)
RAZOR`S EDGEさん [2013/04/23 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 爽快感
4pt 4pt 3pt 4pt 2pt 4pt 4pt
総合点
68pt

GOOD!

無印3とは比べ物にならないほどよくなっています

攻撃を当てている爽快感はかなりの物、2にあった欠損、滅却も復活していて気持ち良い
敵の大振り攻撃をついて一撃で倒せる断骨というのもなかなかいいです
またゲームスピードもいままでの1、2よりも速くなっています

クリアすると主人公のハヤブサ以外にも3キャラ使えるようにそれぞれキャラごとに特徴があり楽しいです

ニンジャトライアルというオンラインで協力可能なモード、ひとつの場所で出てくる敵を殲滅していくというモードもおもしろい

BAD/REQUEST

敵がやたらこちらの攻撃を避ける
正直イライラします、雑魚的でもヒラヒラとハヤブサの攻撃を避けますw
せっかく攻撃を当てている感覚はかなり気持ちがいいのですがこうも頻繁に避けられては爽快感が薄れてしまう
敵の攻撃後などの隙を突くと当たる確立は上がると思いますがそれでも確実ではない、一度にたくさん出てくる雑魚敵がこうも回避する必要性が感じられない

敵は今まで以上に好戦的です
こちらに突っ込んで密着してきて好き放題攻撃していきます、ほぼ常に数体が同時に攻撃を仕掛けてくるので普通に戦っていると歯が経たないでしょう
その割にハヤブサのスペックが劣化している気がします、首狩投げなんてほとんど当たりません必要性を全く感じないレベル
敵の攻撃の大半が投げ、攻撃中に画面外から飛んで投げてくる、地面の下にもぐって視覚的にわかりにくい状態で投げてくる、被弾ダメージのほとんどが投げな気がします
またほとんどの敵がモーションの少ないスーパーアーマー付きの(攻撃を受けても怯まない)攻撃をもっている、敵によってはほとんどノーモーションなのでこちらの攻撃と重なると潰されることも多い

よって攻勢に出てもあまり特をしません、高難易度になると臆病に戦っていく場面が多くなってくると思います

難易度調整が雑
ノーマルから相当な難しさです、シリーズ経験者でも苦戦する人も多いかも
イージーは一応ありますが勝手に敵を攻撃を自キャラが回避するという謎仕様、こんなんで楽しいのでしょうか、上達できるのでしょうか・・・
ボスはやたら硬く攻撃チャンスも少ない、大振り攻撃の後に隙だと思って攻撃しても避けられる
正直ボスは全体的にかなりつまらない
協力プレイ可能なニンジャトライアルですが後半のステージは強い敵をただたくさん出しているだけのような難易度、ボスが3体同時に出現したりします
開発者はテストプレイしているのだろうか、現状は無敵時間が長い攻撃ひとつあるのですが高難易度を攻略するにはこれをひたすら当てていくくらいしかありません

カメラは広い所での戦闘は良い感じなのですがせまい戦いではすぐに敵から外れる、自キャラすらまともに見えなくなることもあります、結構狭い場所で戦わされることも多いので困る
ハイスピードなゲームですので一瞬でもカメラが機能してくれなくなると命取りになります

裏風(スライディング)の感度もあまりよくない、スティックを倒しきらないと反応してくれないのも少し違和感、ガードからの回避はこのゲームの一番大事ともいえる要素なのでもう少し感度を上げてほしかった

回復アイテムはなし、忍法を使えば回復できますが最大体力が表示されないので今自分が何割体力が削れているのかわからない仕様も意味がわからない

あとシナリオが最悪ですねw
ハヤブサが全然かっこよくない、笑い話にはなるかなって感じです

COMMENT

悪いところばかり書いていますが良作だと思います
敵達をバッサバッサと切り捨てる爽快感はかなりの物、シリーズファンの人は満足できるのではないかと思います
クリア後も高難易度に挑戦、ニンジャトライアルに挑戦、キャラを変えてまた挑戦するのもいいでしょう
対戦はあってないようなものですがw

ただおもしろいからこそやっていてどうしてこうなんだろうという点が多すぎる気がしました、一言で言えば全体的に粗い感じです
雑魚敵の回避率を異常に上げる必要性があったのだろうか、マリオでノコノコが頻繁にこちらの攻撃を避けてくるのをおもしろいと思う人はいるのだろうか・・・

敵は強力な忍者、だがハヤブサはそれを大きく超える能力を持っている超忍、プレイヤー次第で恐ろしい強さになる「1人の超忍 対 多数の忍者」そういうゲームだったのですがこれでは「超忍 対 多数の超忍」のように感じる

あと一歩ですごくおもしろいゲームになれるのにいろんな要素がそれを邪魔しに来る
おもしろいけどイライラする、そんなゲームです
アクションゲームが好きなら買って損はないかと

プレイ時間:30時間以上60時間未満(uncomplete)
かすみちゃんブルーさん [2013/04/19 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 爽快感
3pt 4pt 3pt 4pt 3pt 4pt 3pt
総合点
70pt

GOOD!

ニンジャ外伝は1・2・3プレー済みです
無印版3はがっかりした部分も多かったんですけど、結構治してると聞いたのでおもいきって買ってみました。

熱中度4
アクションゲームが好きならやってみるといいと思えるレベル。
ただストーリーモードはノーマルでもかなり難しいと思う。調整的にもキャラが生長した状態で作ってあるような印象で、特に武器レベルの低い一周目は敵より格下な能力を感じてしまうと思う。

しかも、ストーリーモードがリトライするときチェックポイントを通貨したときの体力までしか回復せず、ぎりぎりの状態でそこまで行って倒れるとぎりぎりの体力からしかリトライできないのが面倒。クリア後にはチャプターチャレンジとしてプレーできるのだから普通に遊ぶストーリーモードはあそこまで難しい設定にする必要はなかったと思う。リトライの時は全回復でよかったのでは?と思った。
セーブポイントはいくつかあって体力を全回でやりなおすにはロードする必要があり現実に帰ってしまう。
また術ゲージなどが今回はたまりにくく、そういった協力な技の使いどころを覚えてるかそうでないかで全然難易度が変わる場所もあり一周目のプレーの調整をあまり考慮してない印象を受けた。
ノーマル(初回ハードモードをやらされてるようなレベル)の下はヒーローというレベルで、瀕死状態になると勝手に回避などをおこなってくれるほぼ無敵モードなのだが・・そこまで守られてまで下げなくは無いなと思ってしまう。一般的なノーマルレベルというヒーローとノーマルの間のレベルが抜けてる気がする。
よってストーリーモードは誰でもクリアはできる

戦闘だけをするモード(1~2人用)のステージも豊富で装備も今回は多いのでアクション好きなら長く楽しめると思う。

グラフィック4
全体的に大きく描かれたマップ。
とWIIU版の動画を見て心配になっていた過剰な処理落ちはストーリー中まったくなかった。
ニンジャトライアルのほうのステージはまだ全ステージプレーしていないが無印版で処理落ちしていたDLCステージも含め現状処理落ち面はなかった。


断骨が任意で出せるようになった
若干タイミングがシビアすぎて運になってしまう物は、長くするべきだと思ったが。長引くようなタイプの敵の攻撃に断骨できるようなものが追加されているので良い変化だと思った。


通常技が増えた
戦闘面に関してはこれだけではなく動画などではわかりにくいと思うが、プレーしてみると無印とはだいぶ違う戦闘感覚になっていた。有効な攻撃も戦い方も何割か変わった別ゲーとして楽しめると思う。
無印ではダウン中の敵に止めをさそうと攻撃しようとすると他の立っている敵にターゲットが行く酷い仕様だったが、今回は強攻撃でダウン中の敵をちゃんと優先して狙ってくれる。

色々言われている部分を治していると思った
どうしても完全にマッチしてるかといえばそうじゃない物もあるが、だいたいユーザーから指摘されていた部分を治そうとしていると思った。

BAD/REQUEST

GOODで戦闘感覚が変わったと述べたけど、よしあしでかなり序盤は武器の威力も低いため、敵が前よりも回避しまくるイメージがあり武器レベルがマックスになるまではなにか敵が攻撃をひらひらとかわしているような感覚におそわれると思う。
ただ武器レベルがマックスになれば無印のようにざくざく斬る爽快感が味わえると思う(前回とは違うタイプの物)。

マッチングが若干悪くなってる気がする
同じ名前の人が4つ並んだり
プレー中もニンジャトライアルなのに、無印のPVPみたいな敵がラグでワープするようなことがある。前よりサーバー環境に手を抜いてる印象が強い。
またニンジャトライアルをプレーしようとすると部屋が立てられませんと出たり(リセットすればなおる)
バグが多い、ストーリー中も1周するだけでいくつもバグに遭遇した。無印でもいくつかあったが今回はそれよりも遭遇する機会は多いと思う。バグ取りにもあまり力は入っていないだろう。


ボス戦
ボスのAIや強さも少し変わっているのだが、めんどくさいだけのボスがいる・・こいつを強くして面白いか?って感じの。

今回から欠損した相手に強攻撃でとどめをさせるようになったが。
無印からある敵の体力が減ると血が吹き出る演出がそのまま残っているため、欠損してるのかただ体力が減ってきただけなのかわからないことがある。
また雑魚敵等を強くするのはいいと思うのだけど、通常状態だとかなり防御回避などを頻発するので爽快感が若干減ってしまった印象を受ける、弱って血しぶきを拭いた状態までもっていったら防御できないとかでよかったのではないかなと思った。好きなコンボを好きなタイミングで出せる部分ていうのを少しでも残すべきじゃなかったのかな。
通常攻撃が結局当たるも当たらないも運な気がする。しかもコンボ途中にスーパーアーマーとまではいかないけど回避に以降しだすから、斬りつけてる優位性がなくなってる気がした。

そんな敵に序盤の威力の低いレベルの武器で戦うことになればどうゆう戦いになるか想像がつくと思う。しかも今回は周りの敵がどんどん攻撃しにくるので泥試合のようになる。
例・攻撃する⇒回避される⇒他の適が攻撃してくる⇒自分が回避する⇒追っかける攻撃する⇒回避される・・・ (レベルが低いうちに限るが、序盤のレベル用には調整されていないのがわかると思う、レベルが上がればざくざく斬れるのでまぁいいけど・・)


ためで絶技が出せるようになったのはいいけど、ニンジャトライアルなどで飛び道具系の技を連発されるとうざいと思った・・・敵を取りあうような広範囲の技はいらない気がする。


ニンジャトライアルの新キャラやリュウの仕様
今回から名も無き忍以外にも数人のニンジャガ登場キャラが使えるようになった・・・のはいいが。WIIU版などで時間的に後から配信されたキャラなどがレベルマックス状態から使えてしまう。
数日かけて武器レベルや体力を上げていくのに比べて威力も体力も何もかもが強い強い、一緒にやっているとその差をすごい感じてしまう。どのキャラも0からのスタートにして欲しかった。
またレベルを上げる楽しみなどがなくなっている気がする。最初から成長要素がないと使う意義みたいなものも薄れてしまっている。リュウやあやねなどはストーリーモードで手に入れた能力でニンジャトライアルをプレーできるがこれもニンジャトライアルでは0の状態からのほうが良かった気がする。

カメラ
あいかわらずのカメラが微妙な気がする。カメラリセットボタンや、カメラスピードを変えられるように設定はちゃんと変えられるようにできているものの、戦っているとどんどんカメラが変な方へ行ってしまい、本当に自分でカメラリセットしなくてはいけないというのが実際のところ。
断骨中などもカメラが寄ったとしても方向を回転くらい動かせればよかったのだが・・・
前ほど固定カメラになるわけじゃないので、大半は自分でなんとかできるのだけど、前よりも周りの敵が攻撃的なため、カメラリセットしてるうちに敵が接近してきてることがおおく、わずらわしく感じるのが正直なところ。

回避
スライディングがあいかわらず、速めにスティックを倒さないと出ないことがあって、防御押したままスティック端まで倒せばゆっくり倒しても出るように治して欲しかった

攻撃の硬直
攻撃の硬直ももう少し減らして欲しかった。攻撃したあとに攻撃されて喰らうのは誰も喜ばないと思う。術ゲージ使う回避技をカウンター扱いじゃなく普通に攻撃キャンセルでも出せる回避技にしてくれたら嬉しかった。
相変わらず攻撃するとダメだよみたいな部分が少しあるから、敵が攻撃的だから攻撃=隙みたいな感じで攻撃の楽しみが少し薄れてるように最初感じた。戦い方になれてくればそうでもなかったけど。
まえのゴリラみたいな奴みたいに攻撃すると投げられるみたいなのはどの武器でも回避できるようにして欲しかった。(前ほど酷くはないから怒るレベルではなくなってると思う、あいつの投げも断骨で一撃しにできるし)

新技
新技の同時押しとかもすこし出しにくい印象。

オートロック
無印もそうだったけど、今回もタゲ選びがオートロック。
で、さらに今回は敵が攻撃的でちょっと中に浮きながらする攻撃方法とかの瞬間にタゲが他の敵に移ったりする。前もプレーした人ならたまに経験があったと思うけど。
今回は敵がよく動き回るため、無印よりタゲが突然変わる状況に遭遇する回数は若干多くなってる。


そのほか新要素がやっぱり後から入れただけあって、がっちりとは噛み合っていないかなと思う部分は少しあった。
難易度も前回くらいのレベルでよかった気がした。その中で上の難易度を用意すればよかっただけな気がするが、どうしてここまで高い難易度に無理やりしてしまったのかはわからない。

ヒーローモードやニンジャトライアルもそこそこ低い難易度からステージはたくさんあるのでアクションゲームが好きならやってみるといい一本には仕上がっていると思った。
調整的に難しめに設定してあるため2週目あたりからが楽しめると思う。一週目はヒーローモードでレベルあげくらいに考えておいて2週目から普通にプレーするくらい楽な気持ちでやったほうが苦しまずに済むと思うw 

COMMENT

敵のAIがかなり変わって武器と新キャラが増えた。
敵との戦いが存分に楽しめるニンジャトライアルもステージが増えて、敵のバリエーションも変わっていた。

見た目はほとんど変わっていないから動画とかでは判断できないと思うけど、プレーするとかなり新しい感覚でプレーできると思うアクション部分だけにいたっては新作みたいな感じになるんじゃないのかな。
戦い方も前と同じ戦法だけでは苦戦する新しい挑戦を体験できると思った。

これだけ手が加えられているなら過去のニンジャガ好きだった人もかなり納得できる部分があるんじゃないかなと思う。


ちょっと値段は高いと思ったけど、実際プレーして作り直してる部分見ればほとんどに手が加わってるからこれくらいの値段になってしまうのはしょうがないのかなと思った。

自分が納得するまで続く、長く遊べるアクションゲームだと思う。
ここまで普通レベル~超ハイレベルまで協力してできる本格アクションゲームは多分これだけですね。

悪い部分認めて治したのは英断だと思いました。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(complete)
ガガ様さん [2013/04/08 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 爽快感
4pt 3pt 3pt 3pt 2pt 4pt 4pt
総合点
61pt

GOOD!

無印3は未プレイ。シリーズは無印2のみプレイでの感想です。
ノーマルをクリアしてトライアルも少しプレイしました。

・爽快感
バッサリ感がたまらないですね。瀕死の敵に与える即死攻撃「滅却」。
強力な攻撃を避けたりした時に出せる「断骨」。決まった時は快感ですが・・・。BAD項目もあり

・グラフィック
普通。DOA5の方が綺麗に感じました。こちらはアクションゲームなんでしかたないですが。

・サウンド
普通

・ボリューム
かなりやり込めると思います。名も無き忍を含めると操作できるキャラは五人いますし、ストーリー(チャプターセレクト)やトライアルで使用できるのでコンプまでの先は長い。

・難易度
高いです。ノーマルでも挫けそうになりました。でも2よりは簡単かな?

BAD/REQUEST

瀕死の敵に与える即死攻撃「滅却」。気持ちいいんだけど発動するとカメラが寄るんですよね。
んで、それが厄介で乱戦のときはたまったもんじゃないです。

滅却→カメラズーム→カメラ戻る→元のカメラ位置じゃないので後ろから攻撃喰らう・・・とか少しストレスたまります。

あと難易度について。
少し理不尽な攻撃が気になりました。主に、スーパーアーマーを纏ってるが如き敵の数々。もう一つは敵の投げ攻撃。

特に投げはスーパーアーマーの性能もあるし、ダメージは痛いしで理不尽だなぁと思いましたね。
断骨のチャンスですがボスにはたいしてダメージ与えないんでちょっとバランスが悪いかなと。
無印のレビューでもいわれてましたね。

COMMENT

結構面白いじゃないか。というのが正直な感想です。

ただ無印からの追加要素を見ると、無印購入した人に同情したくなるほどでした。
それで前作購入者の特典がコスチューム一つだけとは・・・

売り方が汚いとはいいません。完全版はあたりまえの昨今ですから。
ただファンは大事にしない姿勢はいただけませんね。
ここで書くことでもないですが・・・。

難しいアクションゲームが好きな人にはオススメします。

シナリオには全く期待しないほうがいいでしょう。
個人的には「2,3ヶ月待ってDVDで借りればよかった映画」って感じでした。

プレイ時間:05時間以上30時間未満(uncomplete)
bocoさん [2013/04/08 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 爽快感
4pt 3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 5pt
総合点
76pt

GOOD!

前作(NINJA GAIDEN3)と比べて恐ろしいくらいに面白くなりました

このゲームはハイスピードで戦いながら多彩な技を駆使して強い敵を超強い主人公で惨殺すると言うゲームです
謎解きやらなんやらはありません
とにかく戦って戦って戦って進むゲームです
そしてその戦いこそが他のゲームと比べて圧倒的に楽しいのです

グラフィックはまぁまぁと言った感じです
一部チープに感じる部分がありますが暗い場面の所は全体的に綺麗だと感じました

敵の種類が多彩です

主人公のモーションがかなりかっこいいです
武器(剣、爪、二刀、棒、大鎌、鎖鎌)も技も沢山あります
使えるキャラは4人居ます
各キャラしっかり作りこんでありどいつを使っても楽しく遊べます
技も無印3より増えました


難易度はかなり高めでやり応え抜群です
難易度ノーマルでも難しいと思います
一応初心者救済モードもあるのでアクションが下手でもクリア自体は無理ではないと思います


ストーリーモードは6時間くらいで終わります

ストーリーが終わってもニンジャトライアルと言うモードがあり、そこでは100個くらいミッションがあるらしいです
ミッションモードとは言っても変な条件付き戦闘と言うわけではなく、敵と普通に戦うモードなのがよかったです
難易度も簡単なのから激ムズまであって全部攻略していくとかなり長く遊べるゲームだと思います

システムは無印3では運だった断骨が敵のガード不可攻撃にカウンターでこちらの強攻撃を当てることによって発動に条件が変わっていてイライラシステムから爽快感抜群のシステムになりました
発動出来れば敵を数体(1~4体くらい)瞬殺出来るのでスカッとします
少し強すぎる気もしますが断骨を発生させ辛い敵も居るのでそこまでバランスが崩壊している技ではありません

敵を欠損させれるようになったのでNINJA GAIDEN2の滅却が帰ってきました
滅却は欠損した敵に止めを刺す技です
相変わらず気持ちいいし滅却には無敵時間があるので発動するタイミングなどを考えて使ったり相変わらず上手いシステムです
欠損させたまま敵を放置していると断骨が狙えるガード不可攻撃を高確立で出してきたりと、欠損からの>即止めの滅却か、リスクあるけど断骨狙いかと駆け引きがあります

その場溜め(1秒くらい)から絶技と言う無敵判定の必殺技が出せるのですがこれが良い感じにリスクも大きいしリターンも大きい技になっていますね
狙いどころを間違わなければ上手く当てて3体程瞬殺できます

まぁとにかく過激で素早く多彩な戦闘が出来るので戦闘アクションが大好きな人はマストバイです

BAD/REQUEST

雑魚戦と比べてボス戦があまり面白くありません
そのくせ難易度が高いので少し苦痛です
ボス戦は基本的に敵の技を回避して、隙を突いてこちらの攻撃を当てるシンプルなものが多いのですが、シンプルな癖にボスの体力がとても多いので作業感を感じる瞬間が少なからずあります
そのくせ自キャラは3発くらいもらうとあっさり死んでしまいます
あっさり死ぬのは別にいいんですがボスが無駄に固いのはちょっと…
NINJA GAIDEN2のように敵も結構すぐ死ぬし自分もすぐ死ぬ調整の方が死合と言う感じで緊張感があり好きでした


雑魚キャラとの戦闘についてですが一部の敵が異常なほどにこちらの攻撃を回避やガードします…
このせいで戦闘の爽快感が半減している感じがしました
基本的に浮かせ技はほとんどの敵にガードされてしまいます
普段はガードするが瀕死になると浮かせ技が通ると言う敵も多いのですが、やはりサクッと殺せる方が気持ち良いとは感じますね
敵の強さはそういうプレイヤーの行動の邪魔をする感じではなく苛烈な攻撃みたいな方向で調整して欲しかったと感じます
こちらもあちらもとにかくアグレッシブな方が過激な戦闘になると思います


過去のシリーズ作品であった回復アイテム等が消滅しました
まぁここは人によるとは思います
過去作は回復アイテム前提の難易度ではあったのでなんだかかっこ悪いなぁと感じる瞬間はありました
でもいざ無くなってみるとこの場面どうしようもないな…となる瞬間がやはりあります

デビルメイクライのように、難易度自体はアイテム無し前提で調整しておいて、どうしてもクリア出来ない人はアイテム使うといいよ でもアイテムを使うとクリア時のリザルトで少し評価下がるけどねと言った調整がベストなのではないでしょうかね…

あとストーリーですかね…
主人公の隼さんが少し弱弱しく感じます
次回作ではあの漢らしいクールでブレなくて安心感のある隼さんが見たいですね
でも一応ストーリーそのものは面白くしようとした感はあります
努力してはいるんだけどファンの求める物とは方向性が少し間違っていると言う感じですね

声が全体的にダメですね
プレイアブルキャラ達は問題ないんですが敵キャラ(主に雑魚的)が凄く棒読みっぽかったり台詞がかっこわるかったりします
2の時は特に違和感とかは無かったんですが…
全体的にわざとらしい言い回しや発音が多い印象です
もう少し声優の演技等に気を付けて欲しいと思いました

悪い点はこれくらいですね
強いてまだ言うとしたら2では使えたトンファーとヴィゴリアンフレイルも使えるようにして欲しいってところくらいです(モーション使いまわしでもいいから!!)

COMMENT

全体的にかなり面白いゲームになったと思います
この出来ならNINJA GAIDEN4にも期待出来ます

次は改善版等ではなく一発で決定版の「これだ!」ってのを出して欲しいですけどね

あとオンラインはまだ少ししか遊んでいませんがミッションモードの協力プレイは新鮮で面白かったです
是非触ってみるべきだと思いました

でも対戦は…おまけ程度に考えておいた方が良いです…とだけ言っておきます

プレイ時間:05時間以上30時間未満(complete)
邪気眼さん [2013/04/08 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ




レビュー投稿フォーム

NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge
レビュー投稿フォーム

−レビューを投稿する前に− 注意事項

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記掲載基準のご確認をよろしくお願いいたします。

  • プレイしたかどうかを問われるレビューや他の方のレビューに対する意見が大半を占める場合などは不掲載となります。また、「グラフィック」や「熱中度」など点数項目を列挙して、その部分にのみコメントを書かれるのは、レビューされる部分が限定されてしまうためできるだけお控えください。
  • 明らかな誤字や脱字、意味のない著しい改行、“w”や顔文字の多用は当該部分に限り修正させていただく場合があります。なお、それらの修正でレビュー文の趣旨が異なってしまう場合は掲載を見合わせていただいております。ご了承ください。
(通りすがりなどは非掲載) ヘルプ
(任意) ヘルプ

掲載に際し、連絡の必要が生じた場合にご連絡させていただきます。

ヘルプ

URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。

点数に関する注意事項
  • 基本は1〜4点となっており、0、5点は特別点でその点に至った説明が必要となります。また、すべて4点や1点などの場合も、相当のレビュー文がなければ掲載を見合わせていただいております。
  • ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断でポイントを付してください。
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
  • キャラクターが魅力的
  • 萌えキャラがナイス!
  • グラフィックが優れている
  • 中古ショップなどで安価で入手可能
  • ストーリーがよく練られている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • 対戦が燃える!
  • 協力プレイで盛り上がれる
  • 音楽・サウンド効果が優れている
  • 原作物で原作ファンにオススメ
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 残酷な内容…
  • わかりやすい内容・操作性
  • めちゃくちゃ難しい難易度
  • とにかく退屈な内容…
  • このソフトこそ「傑作」にふさわしい!
  • 是非続編を出して欲しい!
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • XboxLIVEとの相性がバッチリ!
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • とにかく簡単な内容
  • 選択しない

−掲載までの日数など−

掲載所要時間(掲載数の少ないタイトルを優先掲載中):通常4〜14日、最新作1〜3日











サイト情報

募集開始 (14/12/25)
シャドウ・オブ・モルドール レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/18)
カオスチャイルド レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/11)
グランド・セフト・オートV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/04)
ぷよぷよテトリス,ザ クルー レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/27)
ドラゴンエイジ:インクイジション(360),NBA 2K15(360),サクラフラミンゴアーカイヴス レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/20)
EA SPORTS UFC,真・三國無双7 Empires,アサシン クリード ユニティ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/13)
ワールドサッカー ウイニングイレブン2015,コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア (360),Halo:The Master Chief Collection レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/06)
Killer Instinct コンボ ブレイカー パック レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/30)
ボーダーランズ プリシークエル,メトロ リダックス(XboxONE),Sunset Overdrive(XboxONE) レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/23)
サイコブレイク(360) レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/09)
FIFA 15(360),Project Sparkスターターパック レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/02)
Forza Horizon2(360),F1 2014, レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/09/04)
[One]タイタンフォール
[One]コール オブ デューティ ゴースト
[One]MURDERED 魂の呼ぶ声
[One]Wolfenstein: The New Order
[One]バトルフィールド 4
[One]プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア
[One]ウォッチドッグス
[One]ズー タイクーン
[One]無双OROCHI2 Ultimate
[One]シーフ
[One]トゥームレイダー ディフィニティブエディション
[One]アサシン クリード4 ブラック フラッグ
[One]デッドライジング 3
[One]Ryse:Son of Rome レジェンダリー エディション
[One]フォルツァ モータースポーツ 5
[One]ニード・フォー・スピード ライバルズ
[One]ズンバ フィットネス ワールドパーティ
[One]Kinect スポーツ ライバルズ
[360]悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2
[360]MURDERED 魂の呼ぶ声
[360]プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア
募集開始 (14/08/28)
GRID Autosport レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/08/07)
ウルトラストリートファイターIV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/26)
ウォッチドッグス レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/12)
シーフ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/05)
ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー,剣の街の異邦人 ~白の王宮~ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/05/29)
バレットソウル -インフィニットバースト- レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/04/24)
2014 FIFA World Cup Brazil,ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ! ~ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/04/10)
タイタンフォール レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/27)
Yaiba: NINJA GAIDEN Z レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/20)
メタルギアソリッドV,ズータイクーン レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/13)
DARK SOULSII レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/02/27)
紫影のソナーニル レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/01/23)
ドラゴンボールZ BATTLE OF Z,セインツロウ IV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/19)
BandFuse: Rock Legends レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/12)
ニード・フォー・スピード ライバルズ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/05)
バットマン:アーカム・ビギンズ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/28)
アサシン クリード4 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/20)
ライトニング リターンズ FF XIII レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/14)
デッドフォール アドベンチャーズ, コールオブデューティ ゴースト レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/07)
バトルフィールド4,ロックスミス2014,NBA 2K14 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/10/18)
FIFA14 ワールドクラスサッカー レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/10/10)
グランド・セフト・オートV,F1 2013 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/26)
アーマード・コア ヴァーディクトデイ,ペインキラーヘル・アンド・ダムネイション レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/19)
ファントムブレイカー:エクストラ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/12)
エア コンフリクト ベトナム レビュー募集を開始しました。